menu

NEWS

2017年11月06日
パク・ソジュン、シンガポールのファンミーティングにアジアファン大集結!
 

11月4日(土)午後、シンガポールのリゾート・ワールド・セントーサ(Resort World Sentosa)で行われたファンミーティングで、パク・ソジュンは地元のファンと共に初の楽しい出会いの場を設けました。

シンガポールのファンはもちろん、マレーシア、フィリピンからもパク・ソジュンを見るために訪れたファンたちで会場が埋め尽くされました。
パク・ソジュンは、ファンとより近くでコミュニケーションをとるため、最高のファンサービスを披露し、この日のファンミーテングは、終始笑いと歓声が沸き上がる楽しい時間となりました。

公開された写真でパク・ソジュンは、柔らかい微笑みからコミカルな表情や満面の笑みまで、女心を惑わす様々な表情でファンの視線を奪いました。
特に、あたたかい笑顔で両腕を頭の上に挙げてハートのポーズをとるなど、普段なかなか見られない愛嬌満点の表情とポーズで、明るい魅力を爆発させました。
 

また、デビュー作であるドラマ『ドリームハイ2』をはじめ、『キルミー、ヒールミー』、『サム、マイウェイ』、映画『青年警察』まで撮影当時の写真を公開し、現場でのエピソード話をするなど、地元のファンと一体となって感情表現豊かな「ファン大好きっこ」ぶりを披露しました。ファンと一緒にアーチェリーゲームをして和気あいあいとした時間を過ごしたかと思えば、パク・ソジュン自らスパゲッティを作ってファンをもてなすなど、忘れられない思い出をプレゼントしました。また、抽選で選ばれたファンには、サイン入りのインスタント写真を渡しながら、目と目を合わせハグをし、ファンの心をときめかせました。

さらに、これに応えるように、現地のファンの反応も爆発的でした。
パク・ソジュンの一言一言に耳を傾け、歓呼をあげるなど2時間以上にわたって熱心に応じながら、特別な時間を過ごしました。
特に、ファンミーティングの最中、現地のファンが言った言葉「サランヘヨ、パク・ソジュン」で、会場の雰囲気はさらに熱くなりました。



この日パク・ソジュンは、「作品を通して多くの方々と縁を結び、このようにお会い出来ることに感謝しています」と話し、「皆さんのおかげで、力をもらえました。韓国に帰ったら良い作品と演技で、皆さんに再びご挨拶できるよう努力します」と伝えました。



9月から始まったファンミーティングツアーを通して、アジア各国のファンとの出会いを続けているパク・ソジュンは、来る12月9日(土)に2017アジアツアーの最後を飾るソウルファンミーティングを控えています。

引き続き、パク・ソジュンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。
ページトップへ