menu

NEWS

2018年07月02日
パク・ソジュンの「ビタミン笑顔」が映えるビハインドカット公開





tvNの水木ドラマ『キム秘書がなぜそうか』でナルシスト副会長イ・ヨンジュン役を演じたパク・ソジュンが、見るだけで笑顔になってしまう最高の微笑みで現場の雰囲気を暖かくしています。

公開された写真でパク・ソジュンは、明るく陽気な笑顔で撮影現場を明るくしています。パク・ソジュン特有の、笑うと半月のようになる目で女心をときめかせていると同時に、愉快なハッピーウイルスまでプレゼント、見る人を心地よくしています。これは笑いが絶えない和気あいあいとした現場の雰囲気をそのまま表わしているようです。

『キム秘書がなぜそうか』の関係者は「パク・ソジュンはいつも活気に満ちた姿でスタッフの士気を引き上げている。特に、イ・ヨンジュンのキャラクターのための様々なアイディアと機転の利いたアドリブで笑いの爆弾を放ち、現場の雰囲気メーカーとしても活躍している。パク・ソジュンから溢れ出る心地よいエネルギーがお茶の間にも伝わるようだ。今後もパク・ソジュンが作り上げていくイ・ヨンジュンの姿にたくさんの期待をお願いしたい」と伝えました。

ドラマの中でパク・ソジュンは、退社を宣言した秘書キム・ミソ(パク・ミニョン)に対する自分の気持ちを自覚した後、はばかることないストレートロマンスに突入、お茶の間に胸キュン警報を鳴らしています。刺激的ながら穏やかな眼差しと、甘いボイスで視聴者たちを眠れなくし、1日1胸キュンをプレゼント, 「ラブコメ爆撃機」に生まれ変わりました。これはパク・ソジュンに対する熱い反応につながり、ドラマ出演者の話題性部門3週連続1位(グッドデータコーポレーション基準)を占めるなど、出口のない「パク・ソジュン病」を生み出しています。

『キム秘書がなぜそうか』は地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位となり、水木ドラマ枠最強となり、話題のどらmであることを証明しています。『キム秘書がなぜそうか』は韓国で毎週水、木夜9時30分から放送中です。

引き続き、パク・ソジュンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。
ページトップへ