menu

NEWS

2021年08月30日
【翻訳】パク・ソジュン、日本の韓流ブームの中心!


日本で韓国ドラマの人気が続いている中、パク・ソジュンの出演作が引き続き注目され、韓流ブームの中心にパク・ソジュンがいることを立証しています。

最近、女性ファッション誌『ViVi』が発表したアンケート調査によると、「日本でリメイクしてほしい韓国ドラマBEST10(動画検索サービス1Screen調査)」でパク・ソジュン出演の『キム秘書はいったい、なぜ?』が1位を飾り注目を集めました。その他にも『梨泰院クラス』が2位、『キルミー・ヒルミー』が9位になるなど、パク・ソジュン主演作が3作品も登場し、日本国内のパク・ソジュンの爆発的な人気を実感させました。



また、日本Amazonの韓国ドラマDVD販売リアルタイムランキングでもパク・ソジュンのドラマ『魔女の恋愛』『彼女はきれいだった』『花郎(ファラン)』『サム、マイウェイ』『キム秘書はいったい、なぜ?』などが引き続き上位を占め、熱い反応を続けています。一方、先月から渋谷で開催されている「スタジオドラゴン韓ドラ展」内の『キム秘書はいったい、なぜ?』の展示も観客を絶えず集めながら話題を呼んでいます。

昨年から一層熱くなった日本ファンの関心は、多様なプラットフォームを通じて地道に受け継がれてきました。海外への移動が難しい時期にもかかわらず、各種グラビアや広告、オンラインファンミーティングなど、日本、米国など海外有名制作会社の出演提案も殺到しています。

このようにパク・ソジュンは、韓国国内を越えて日本、ひいては全世界のファンまで魅了し、名実共に韓流スターとしてのパワーを誇示しています。世界の関心を一身に受けて韓流ブームの先頭走者として活躍中のパク・ソジュンの今後の歩みに期待が集まっています。

引き続き、パク・ソジュンへの温かいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ